秩父25番、鬼女。
心が平明に落ち着いている時、周囲の様々な事象が素直に受け止められ、肯定する事ができる。
しかし、自分自身の内側から湧き上がる何事かの欲求に心(自我)が焼かれている時は、他者の行為や存在自体がうるさく、煩わしく、邪魔で、全存在を否定してやりたくなる。怒鳴りつけてぶん殴ってやりたくなる。

何かを懸命に集中している時、他者によってそれを中断させられたり邪魔されたりすると、そうなるのか?
必ずしもそうではなさそうだ。
自分をとりまく周囲の環境の中に居て、周囲との様々な関係性の上に相対的に、仮に自分自身がその瞬間、現れているだけだ、という認識が無意識のうちになされている心的状態においては、他者に自分の集中を掻き乱されても激しい怒りに駆られる事は、無い。
一方、「自分が・俺が・私が」という具合に、自分自身が前面に押し出されて、他者を掻き分けてでも自分が良い目に会いたい・自分のやりたい事をしたい、と思っている時、そんな欲求に焼かれるようになっている時は、他者の存在は邪魔なだけであり、他者の行為・存在など否定して叩き潰したくなる。


(ああ、また「自我」の問題だ。他者を自分の延長とみなしているとき、自分の思い通りにならない他者という存在が登場する。そういう他者が外的に実在するのではなく、自分の心の中にそんな他者感が立ち上がるだけだ…)


そんなふうに、自分中心で自分勝手な欲求に自我を焼かれている時、フと、この「鬼女」の像が胸に思い浮かぶ。 ああ、今自分自身は、あの「鬼女」のような姿になっているのだな、と。
秩父25番久昌寺の「鬼女伝説」はいくつかのバリエーションがあるが、要は、悪行をかさねて村中から疎まれた鬼女がいたが、その死後、(母とは違い)心の優しい一人娘が母の生前の迷惑を償うため(或いは、そんな母があの世で苦しまないよう?)観音堂の建立を発願した…という話だ。
ここで問題なのは、悪行を重ねたという母=鬼女の心理状態だ。恐らく、自我が何らかの欲望・情動に駆られ、自らの利益・欲求の充足という急かされるような思いで目の前がいっぱいになり、「自分が自分が」とばかりに他者を顧みることなど出来ず、周囲には迷惑をかけ放題だったのであろう。
(あ…うっ。思い当たる。それって自分自身の…)
そんな鬼婆も死に、残った心の優しい娘が穴埋め・償い(或いはそんな罪深い親の成仏を願って?)のために善行をなそうとした、と。

つまり、「自分自身のため」ではなく、他者のために行為しようとした、というわけだ。
自分のためばかりを思うのでなく・自分のためばかりに何かをするのではなく、誰か他者のために心を向ける・他者のために何事かをする・他者のために時間を使う。
これだあ…。
自我は他者との関係によってのみ存在できる。
鬼女と娘とは、表裏の関係にあり、この話は一人のヒトの自我の両面を語っていると見てもよかろう。

僕の中の鬼女が前面に出て活動するとき、フと気づいて、あの25番の闇溜りのような地蔵堂にうずくまる鬼女像の姿が思い浮かぶ。 「今、僕は、あの鬼女像のような顔をしている」のであろう、と。

秩父25番「鬼女」

BACK